ドライバー採用情報

先輩社員の声

TOP > ドライバー採用情報 > 先輩社員の声 > 谷脇 雅史:click

谷脇 雅史:click

入社歴2年

谷脇 雅史:click

入社前はどんなお仕事やどんなことを学んでいましたか?

神奈川県でバスの運転手をしていました。
また、この道のプロフェッショナルになろうと運行管理者や第一種衛生管理者の国家資格を取得し、労働基準法・道路運送法など自分の働いている環境についても学んできました。

今の仕事内容を教えて下さい。また、日々の業務ではどういうことに気を付けていますか。

ある会社の役員車・羽田、成田空港から都内各所のラグジュアリーホテルへの送迎・ビジネス・
都内観光や車庫での後輩への教育など多種多様です。
弊社はホテルオークラハイヤーと呼ばれている通り、車にもホテルオークラのシンボルマークを付けています。よって、ホテルオークラのサービスを狭い車内でも求められ、質の高いサービスを提供しなくてはなりません。
一定のサービスに留まるのではなく、お客様に合わせたサービスが必要になります。
そのため、目的地に迅速にお送りすることは勿論ですが、常にお客様が何を必要としているのかを考え、向き合うことを忘れないように意識しています。

やりがいをどんな部分で感じますか。

我々のお客様は国内外のVIPの方々です。実車中は集中し神経を尖らせているため非常に疲れますが、仕事が全て上手くいったときにお客様から言われる「ありがとう」という言葉に救われています。
お礼を言ってもらいたくてサービスを提供している訳ではありませんが、真剣に仕事に向き合い、考え、行動することで自分たちの仕事の必要性を見出すことができ、やりがいを感じます。

入社前に抱いていたイメージと、入社後の実感にギャップはありましたか。

高級車を使っているタクシーというような感覚で入社しましたが、求められるサービスの質の高さに驚きました。
「人に尽くす」ということも自分では理解しているつもりでしたが、考えが甘く、弊社での教育を受けて改めてホテルオークラハイヤーのサービスが非常に高い質のものであると認識すると同時に「人に尽くす」とは何かをより理解できたと思います。
また、先輩方はプライドを持って仕事をしており、自分自身も勉強中の身ではありますが、その一員になれたことを誇りに思います。

今までの仕事の中で、最も大変だったのはどんなときですか。

2016年5月に開かれた伊勢志摩サミットに参加したことです。
入社後、初めて国を挙げての大きなイベントに参加しお手伝いをさせて頂きましたが、全く土地勘が無い場所でお客様のご要望にお応えするために、出発前から地図を購入して主要な道路・施設を覚えたりと非常に苦労しました。
この経験は私の大きな自信にも繋がり、今も大きな糧になっております。

今後の抱負を教えてください。

乗務員として成長することは勿論ですが、乗務員からなる組織の新代表者として「自分たちの職場は自分たちから発信し、改善・提案していく!」という言葉をモットーに、より働きやすい職場環境づくりを目指します。

大成観光交通のドライバーとして働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。